​認定校制度について

カリグラフィーは、文字を美しく書く技術です。

それぞれの書体について理解し、ルールを守って書けば、必ず美しく書くことができます。

カリグラフィーを仕事にする場合、さまざまなスタイルがありますが、特に文字習得のレッスンを行う場合、生徒様のお手本となる文字が書けることは、必須です。

文字を正しく書くことができれば、オリジナルテキストや見本を作成することが可能となりますが、その作成には、膨大な時間と労力が必要となります。

ルールや伝統を守りながら、次世代に文字を伝承するとともに、カリグラフィーの素晴らしさを広め、より多くの方に楽しんでいただけるにはどうしたら良いか?

そこで、共通のテキストを使用することで、講師を目指す方々の負担を減らし、トラディショナルカリグラフィーのルールを伝えることできると考え、認定校制度を取り入れることとなりました。

​認定校として登録するには

1.マスターコース、または、カリグラファーコースのいずれかを修了する。

 

2.認定試験に合格する。 *認定試験料 5,000円

小文字・大文字・数字・バリエーション等、書き順も含め、文字を正しく書くことができるか、確認させていただきます。

​3.認定校として登録申請する。 *登録料 10,000円 

​4.後日、認定証を発行いたします。